往馬大社・いこまたいしゃ・ホームページ
奈良県生駒市壱分町1527-1 TEL 0743-77-8001


トップページ 新着情報 往馬大社由来 年間祭事記 火祭り ご祈祷
往馬大社境内 行事のお知らせ 往馬大社ブログ 地図 リンク集 お問い合わせ




往馬大社の由来


往馬大社(往馬坐伊古麻都比古神社)








■往馬大社由来PDFへ







「生馬八幡大菩薩絵縁起」













『生駒曼荼羅』(県指定文化財 1456年)



奈良県指定 天然記念物
往馬大社の社そう

この社そうはツブラジイ(コジイ)を優占種とする
照葉樹林でツブラジイの巨樹を中心としてアラカシ、
クロガネモチ、カナメモチリンボク、サカキ、クスノキ、
ユズリハ、スギ等の大木が生育し、林床にはヤブミョウガや
ベニシダをはじめツブラジの実生苗を交えて約3haの境内に
広がっている。また、指定地北端には、ツブラジイの壮齢木の中に
若齢木が密生する形で育成しているが、林内には枯死したアカマツ
が見られ、本境内のほとんどを占めるツブラジイ林に次第に
遷移するものと考えられる。
 周辺は住宅開発が進み、生駒山麓地帯の極相を示す森林が
極めて少ないが、ここでは高さ約20Mに達する森林がよく
保有されていて、この地域を代表する極相林として、
密生する若齢林の林分も含めて学術的価値が高い。



 


Copyright(C)2005 ikomataisha All Rights Reserved